ゲーム開発求人が求めている人材は、非常にレベルが高い。そもそも、最近のゲーム開発会社は海外のメーカーと提携をして共同開発しているケースも多い。したがって、最低限英語能力が求められる場合があるのだ。外国人エンジニアとチームを組んで仕事をしていくこともあるし、何より今では海外市場がメインターゲットになっている会社も少なくない。海外のプレイヤーからの意見を聞いたり、海外でプロモーションを展開していく必要に迫られるわけだ。そのときに日本語しかできないのであれば、全く仕事ができないこととなる。プロデューサーともなれば世界各国を飛び回るのが仕事になるので、英語力だけは身につけておくのがいい。

もちろん、自分の専門分野のことを人に負けない程度に極めておくことも大事だ。何か一つでも秀でたスキルがあるなら、他のことができなくても戦力として計算に入れてもらえる。一般の企業でエンジニアをするとなると総合的な能力が重要視されることが多いが、ゲーム会社なら何か一つの能力が際立っている人のほうが採用されやすい。プログラミングでもCGでも、モーションキャプチャーでも、何か一つ得意なことがあるスペシャリストほど重宝される傾向にある。

他には、精神力と体力に秀でている人も採用されやすい。発売日前には修羅場のような状況に陥るのが普通なので、簡単に仕事を休むような人は頼りにならないからだ。学生時代に運動をしていたという経験は、大いに役立つものである。